モデルハウス展示場

HOME > モデルハウス展示場 > 第四期モデルハウス【建設工程写真】高気密、高断熱、高耐震住宅

第四期モデルハウス【建設工程写真】高気密、高断熱、高耐震住宅

 

第四期モデルハウス完成オープンしました。土地32.1坪で4LDK+屋根裏収納室6帖大二室、駐車3台可能。最小予算で最大の満足度。高気密、高断熱、高耐震、オール電化、エコキュートはじめ住宅設備も充実。


P1000666hp.jpg

 

 

ベタ基礎工事を着工しました。
根切掘削工事を行っています。根切とは、地面を掘削し、基礎のために必要な空間を造る作業になります。

根切工事

 

掘削工事完了後、砕石敷き作業を行います。
砕石敷きとは、石や砂利を敷き詰めて固め、建物を支えるための安定した地盤を造り上げる作業になります。
建物が地震等で傾いていかないようにするために、重要な作業です。 

砕石敷き均し

 

プレートとよばれる機械を使い、振動を与えて砕石を均し、敷き固めを行っていきます。

新モデルハウス工事進捗状況

 

防湿シート敷込み  地中から床下への湿気を遮断するため、シートを敷き込みます。
施工後、鉄筋組み立て工事開始しました。

鉄筋組立

 

【多賀城市 耐震断熱住宅】 鉄筋工事、プレ配管工事を終えました。
全面に鉄筋を張りめぐらし建物全体を強固に支えす。
プレ配管は、水道などに繋がない状態で配管をしておくことで、リフォーム時等に、水廻りの設備工事がし易くなるようにする工事です。 

鉄筋組立完了

 

ベース生コンクリート打設(型枠にコンクリートを流し込む)が完了しました。

hpP2220019.jpg

 

ベース生コンクリート打設が、気温天候良好のうちに作業終了しました。
基礎工事の最重要作業終了し、順調に工程が進行しています。

hpP2220016.jpg

 

ベースコンクリートが完了し、立ち上がり用の型枠組み立ての作業を行っています。
立ち上がりとは、文字通り縦の方向にベースの上にのる部分になります。

 

立ち上がり生コンクリートの打設(型枠にコンクリートを流し込む)作業が完了しました。

型枠生コン

 

立ち上がりコンクリートの上面部分を均一に仕上げる作業を完了しました。
アンカーボルト、ホールダウン金物の取り付けも済んでいます。

アンカーボルトは、木材等の部材を固定するために、コンクリートに埋め込んで使用するボルトです。
ホールダウン金物は、地震や台風等により、柱が土台等から抜けるのを防ぐために取り付ける金具です。

hpP2240027.jpg

 

型枠を解体しました。
整地を行い、床下給湯、給水、排水の配管工事も完了しています。

型枠解体

 

床下、土台の、白あり・防腐処理の作業を完了しました。

hpP3160021.JPG

 

土台敷き工事(建物の土台となる部分の設置)を行いました。
床下鋼製支柱を取り付け、床下の断熱工事を行っています。
住宅の断熱で軽視されがちな床は、実は最重要な項目になります。
隙間なく断熱材を施工することで、冬季の冷え込みや、夏季の蒸し暑さを遮断します。

床断熱

 

断熱材施工後、フローリングの二倍の厚みを持つ構造用ネダレス合板をノンフロンボンドと、金物で土台に緊結(部材を留め具などで結合すること)しました。
この上にフローリングを施工し、丈夫な床を構成します。地震に強く暖かい家づくりの第一歩です。

hpP3160014.JPG

 

現在工事中のモデルハウスの隣接地に昨秋と今月完成引渡した二棟の、パナソニック製エコキュートです。
オール電化住宅で、安全、便利、省エネで 「暖かい家で とっても快適」 と喜ばれております。【多賀城市  耐震断熱住宅】

hpP3160017.JPG

 

床工事を完了しました。
建て方工事の準備を行っています。
木材工場で、PC制御でプレカットされた構造材料。ほとんど誤差のない加工技術と、乾燥材使用で、工期と強度が、従来より飛躍的に改善されました。

材料搬入

 

しっかりした先行足場により、安全な建て方作業を確保していきます。

足場組

 

建て方を開始しました。
一階部分を終了し、二階床組作業中です。

hpP1000022.jpg

 

床材は一階、二階、屋根裏すべて、構造用合板を下地にしてのフローリング貼りなので、外周合板と一体化して、建物のねじれ防止と横方向の耐力を増し、耐震強度をアップしてます。

二階床組

 

多賀城市耐震住宅モデル
二階部分の作業を終了し、屋根裏部分の建て方を開始しました。

hpP1000027.jpg

 

多賀城市断熱住宅モデル
屋根のタルキ(斜めに取り付けた部材)も組みあがり、軸組が全て完了しました。

P1000030.JPG

 

屋根に合板を貼る作業をしています。
急勾配屋根なので経験豊富な大工さん達でも、慎重に安全ベルト装着しての工事になります。
屋根裏収納室も広めに確保できます。

P1000039.JPG

 

オール電化耐震住宅モデル 多賀城市伝上山に建設中。
屋根に合板パネルを貼る佐合の終了後に、屋根材の下地に防水フェルトを葺く作業を行っています。

P1000049.JPG

 

外周部構造用合板開口部を除き全面貼り。柱、桁、間柱、を合板で全て、固定するので耐震性能が上がります。また断熱、気密、防音、の各性能にも大変有効に作用しますので、当社では全棟でこの構造用パネル工法を採用しております。

P1000059.JPG

 

防水フェルト作業が終了、トップライトサッシ(天窓)取付てガルバリウム鋼板屋根葺き工事を開始しました。
ガルバリウム鋼板は、アルミニウムや亜鉛で鉄を守った酸化しにくい合金で、表面塗装がなくとも殆どさびない耐久性の高い鋼板です。

P1000061.JPG

 

柱、梁、筋交い及び各主要構造材を緊結する各種金物で、地震に強い、内部構造を構成しています。

P1000069.JPG

 

丈夫な構造用梁を数多く、最小間隔に配置して、地震に強く、長持ちする住宅を建てています。
巨大地震が起きても安全に安心して暮らせる暖かい家です。

P1000072.JPG

 

建物のねじれを防止する重要な鋼製金物です。
住宅内部のあらゆるところに、多種多様な金物を数多く取り付けて、地震に強く安全安心で暖かい、オール電化耐震断熱住宅です。

P1000077.JPG

 

屋根裏収納室の屋根工事と、耐震パネル工事が完了しました。高気密、高断熱、高耐震住宅の基礎的な構造工事が終了です。
宮城県多賀城市。南東側より。

P1000088.JPG

 

宮城県多賀城市。北西側より。

P1000089.JPG

 

浴室ユニットバス組み立て施工前の断熱気密工事を行っています。
床、壁、天井の断熱気密をしっかりと全面施工し、真冬の寒さを遮断しています。
梅雨時や厳冬期でも、浴室換気乾燥暖房機標準装備で、衣類の乾燥や、入浴が楽しみで毎日温泉気分です。
皆様に大好評です。建売住宅も標準仕様です。

P1000096.JPG

 

【オール電化で安全快適エコハウス】 オール電化住宅の電気工事作業中。配電盤周辺の作業を行っています。

電気工事作業

 

テレビアンテナ工事先行設置。屋根足場を利用し安全に設置作業を終了しました。

屋根工事完了

 

サッシ取り付け、通気工法(壁中の湿気を逃がし、壁内の結露を防ぐことで、建物の耐久性をアップする工法)の透湿シートと通気胴縁(空気の通り道)工事が終了しました。

透湿シート

 

屋根裏収納室、天窓トップライトと壁サッシで採光も充分採れています。

屋根裏収納室.jpg

 

ホルムアルデヒド対策(シックハウス対策)最高等級の高性能断熱材を使用しています。。

高性能断熱材.jpg

 

二階天井、高性能断熱材を施工しています。

天井断熱.jpg

 

壁断熱と気密シートにより、気密保持と湿気防止を確保しています。

防湿シート.jpg

 

外壁工事を開始しました。

外壁工事開始

 

一階和室の内部工事の様子です。

和室造作工事

 

キッチン内部工事中です。

キッチン造作工事

 

リビングの内部造作工事中です。

リビング内部工事

 

ユニットバス天井部は、ドーム天井で、換気乾燥暖房機とサウンドスピーカーを付けました。

ユニットバス天井

 

天井気密シート施工状態になります。この上にも高性能断熱材を敷き込んでいます。

天井気密シート

 

木工事完了(木造住宅の骨組工事他全般)し、内装工事を開始しました。
写真は、和室、LDKの工事の様子です。

547 クロス下地工事.jpg

 

玄関、ホール、階段の工事の様子です。

549 クロス下地工事.jpg

 

写真は屋根裏収納室への階段になります。

553 クロス下地工事.jpg

 

二階の洋室になります。

554 クロス下地工事.jpg

 

二階洋室の様子になります。収納もたっぷり用意してあります。。

556 クロス下地工事.jpg

 

外壁工事を完了しました。

566 外壁完了.jpg

 

外周部の工事一部を残し工事を完了したため、足場の解体作業を行っています。完成間近となりました。

hp asibakaitai 570.JPG

 

高気密、高断熱、高耐震住宅が完成しました。

P1000666hp.jpg

  

モデルハウス展示場