モデルハウス展示場

HOME > モデルハウス展示場 > 31.29坪の狭小宅地、 ダブル断熱、高耐震住宅 【床面や壁の様子...

31.29坪の狭小宅地、 ダブル断熱、高耐震住宅 【床面や壁の様子】

 

model20120109_01.jpg

 

model20120109_02.jpg

着工前の様子です。
この広いとはいえない、31.29坪の土地に駐車2台可能な、4LDKの住宅を建設します。

 

 

 

model20120109_03.jpg

 

model20120109_04.jpg

 

model201109_01.jpg

4月末 31.29坪の狭小地にショベルカーが入り、掘削(ベタ基礎根掘り掘削工事)を始めています。
根切りとも呼ばれる作業で、建物の基礎となる部分を掘っています。
この後、採石とよばれる石や砂利を敷き詰めて固め、建物を支えるための安定した地盤を造り上げていきます。

 

 

model20120109_05.jpg

 

model20120109_06.jpg

 

model20120109_07.jpg

 

model201109_02.jpg

掘削、採石を敷き詰める作業が完了したので、床下の湿気を遮断するため防湿シートを敷いています。

 

 

model20120109_08.jpg

 べた基礎底盤コンクリート完了して、立ち上がり布基礎型枠工事。

 

model20120109_09.jpg

 

model20120109_10.jpg

 

model201109_03.jpg

型枠と鉄筋を配置する作業を開始しました。この枠の間にコンクリートを流し込むことで基礎が出来上がることになります。

 

 

model20120109_11.jpg

職人が丁寧に作業を行ってまいります。
型枠と鉄筋の配置は住宅構造の最重要部の一つになりますので、配置完了後は、第三者機関の検査を受けます。

 

 

model20120111_01.jpg

 

model20120111_02.jpg

 立ち上がり布基礎コンクリート完了。

model20120111_03.jpg

 立ち上がり布基礎コンクリート完了。内外部給排水配管工事。

 

model201109_04.jpg

第三者機関の検査とコンクリートの養生が終了した後、型枠を解体し基礎が出来上がりました。
養生とは、コンクリートが硬くなるまでの間、適度な温度と湿気を保った状態を保つことで強度を強くする工程のことです。

 

 P1020279.JPG

基礎工事、外部給排水配管工事、埋め戻し整地が完了。

この後、給排水や給湯の配管を行い、足場を作成して建物を作成する工程を開始していきます。

 

 

model20120111_04.jpg

建て方開始前の、足場組立工事完了と、構造材料搬入。

 

model20120111_05.jpg

建て方開始前の、足場組立工事完了と、構造材料搬入。

 

model20120111_06.jpg

土台、床材敷き込み完了。 

 

model20120111_07.jpg

土台、床材敷き込み完了。 

 

model20120111_08.jpg

 いよいよ、建て方を開始しました。

model20120111_09.jpg

 

model201109_05.jpg

足場を作成し、建て方作業を開始しました。柱などの骨組みを組み立てていきます。
段々と家の形が見えてくる工程になっていきます。
写真に写っている、斜めの木材は筋違いと呼ばれる物で、耐震性向上の為、過不足なく配置していきます。
サトー住建の高耐震性住宅では、この筋違いだけにたよらず、耐震パネル工法も取り入れ更に耐震性を向上させていきます。

 

model20120117_02.jpg 

 

model20120117_03.jpg

数多くの柱、梁、桁等の、工場でプレカットされてきた 一本一本を、図面とおりに組み立てます。

 

model20120117_04.jpg

 

model20120117_05.jpg

 

model20120117_06.jpg

 屋根の一番高い部分の、棟木の建て方です。

 

model20120117_07.jpg

 

model20120117_08.jpg

 

model20120117_09.jpg

 

model20120117_10.jpg

 

model20120117_11.jpg

 

model201109_06.jpg

各階床部の梁桁です。

 

model20120117_01.jpg

 2階の床面が出来上がりました。
梁や桁(柱・梁・桁で荷重を支えます)を数多く配置し、床面の強度を高めています。 

 

model201109_07.jpg

建材には、シックハウス(ホルムアルデヒド)対策の等級として最高等級のフォースターの物を使用しています。

 

model20120215_01.jpg

 

model20120215_02.jpg

 

model20120215_03.jpg

 

model20120215_04.jpg

 

model20120215_05.jpg

 

model20120215_06.jpg

 

model20120215_07.jpg

 

model20120215_08.jpg

 

model20120215_09.jpg

 

model20120215_10.jpg

 

model20120215_11.jpg

 

model20120215_12.jpg

 

model20120215_13.jpg

 

model20120215_14.jpg

 

model20120215_15.jpg

 

model20120215_16.jpg

 

model20120215_17.jpg

 

model20120215_18.jpg

 

 

 

model201109_11.jpg

左の写真は、ホールダウン金物と呼ばれる金物で、地震や台風で柱が抜けてしまうのを防ぎます。
右の写真は、火打金物と呼ばれる金物で、地震や台風による横の力で変形してしまうのを防ぎます。
サトー住建では、他にも様々な構造金物を使用して耐震対策を行っています。

 

model20120226_01.jpg

 

model20120331_02.jpg

 

model20120331_03.jpg

 

model20120331_05.jpg

 

model20120331_04.jpg

 

model20120311_09.jpg

 

model20120311_10.jpg

 

model20120226_03.jpg

 

model20120331_01.jpg

 

model20120331_06.jpg

 

model20120226_02.jpg

 

model20120311_11.jpg

 

model20120226_04.jpg

 

model20120226_05.jpg

 

model20120226_06.jpg

 

model20120226_07.jpg

 

model20120226_08.jpg

 

 

model20120226_09.jpg

 

model201109_08.jpg

 

model20120311_01.jpg

 

model20120311_02.jpg

 

model20120311_03.jpg

 

model20120311_04.jpg

 

model20120311_05.jpg

 

model20120311_06.jpg

 

model20120311_07.jpg

 

model20120311_08.jpg

壁には、間柱(柱と柱の細い柱)、筋交いを配置し、耐震性を向上させています。

 

 

model201109_09.jpg

壁は、全体的に透湿・防水シートで包みます。
シートにより、外からの水分を抑え、内部の湿気を通すことができ、結露を防ぎ建物の寿命を延ばすことにつながります。
また、冷気の侵入と、室内の暖かい空気の流出を防ぎます。

 

model20120417_01.jpg

 

model20120417_02.jpg

 

model20120417_03.jpg

 

model20120417_04.jpg

 

model20120417_05.jpg

 

model20120417_06.jpg

 

model20120417_07.jpg

 

model20120417_08.jpg

 

model20120417_09.jpg

 

model20120417_10.jpg

 

model20120505_05.jpg

 

 

model20120422_01.jpg

耐水性に優れた、断熱・保温材を選び使用していきます。

 

model20120422_02.jpg

 

model20120422_03.jpg

 

model20120422_04.jpg

 

model20120505_01.jpg

 

 

model20120424_01.jpg

断熱財には、燃えにくく、防音性に優れたグラスウォールの素材の物も使用しています。

 

model20120424_02.jpg

 

model20120424_03.jpg

 

model20120424_04.jpg

 

model20120424_05.jpg

 

model20120424_06.jpg

 

model20120424_07.jpg

 

model20120424_08.jpg

 

model20120424_09.jpg

 

model201109_10.jpg

屋根も出来上がり、家の形が見えてきました。

 

 

model20120501_01.jpg

外張り工法として「キューワンボード」で家を包み込んでいきます。
「キューワンボード」は高性能な硬質ウレタンフォームボードで断熱性に優れており、表面には遮熱性に富むアルミ箔を使用しています。

 

model20120501_02.jpg

 

model20120501_03.jpg

 

model20120501_04.jpg

 

model20120501_05.jpg

 

model20120501_06.jpg

 

model20120501_07.jpg

 

model20120501_08.jpg

 

model20120501_09.jpg

 

model20120501_10.jpg

 

model20120501_11.jpg

 

model20120501_12.jpg

 

model20120501_13.jpg

 

model20120501_14.jpg

 

model20120501_15.jpg

 

model20120501_16.jpg

 

model20120501_17.jpg

 

model20120501_18.jpg

 

model20120501_19.jpg

 

model20120505_20.jpg

 

model20120505_21.jpg

 

model20120505_22.jpg

 

 

model20120505_06.jpg

地震に強い建物にするため、耐震パネルを使用します。

 

model20120505_07.jpg

 

model20120505_08.jpg

 

model20120505_09.jpg

 

 

model20120505_10.jpg

フローリングの下には、防火性に優れた石膏ボードを敷いていきます。

 

model20120505_11.jpg

 

model20120505_12.jpg

 

model20120505_13.jpg

 

model20120505_14.jpg

 

model20120505_15.jpg

 

model20120505_16.jpg

 

 

model20120505_17.jpg

屋根の部分には、防水のためのシートを貼っています。

 

model20120505_18.jpg

 

model20120505_19.jpg

 

 

model20120505_02.jpg

断熱材の固定には専用のねじを使っています。

 

model20120505_03.jpg

 

model20120505_04.jpg

ホチキスのような針を刺して止める道具も使っています。

 

 

model20120506_16.jpg

完成後の様子です。

 

model20120505_01.jpg

 

model20120505_02.jpg

 

model20120505_03.jpg

 

model20120505_04.jpg

 

model20120505_05.jpg

 

model20120505_06.jpg

 

model20120505_07.jpg

 

model20120505_08.jpg

 

model20120505_09.jpg

 

model20120505_10.jpg

 

model20120505_11.jpg

 

model20120505_12.jpg

 

model20120505_13.jpg

 

model20120505_14.jpg

 

model20120505_15.jpg

 

 

  

モデルハウス展示場